読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

demodorinomemo

道重さゆみさんとHello! Projectと美味しいご飯と物欲についてお話しします

2014/11/02 周南市文化会館 夜公演 道重さゆみMC

アンコールMC

皆さん、さゆみんコール、ピンクのペンライト、本当にどうもありがとうございます。

この時間、この空間が本当に幸せすぎて-、なんかこんなにも時間が止まればいいのにって思ったこと今までなかったんじゃないかなって言う位、今日このコンサートの時間がすごく幸せでした。
特に後ソロ曲の歩いてるを歌っているときに、こう、わたしがすごい好きな歌詞なんですけど、『1人じゃないからみんながいるから』っていう歌詞があって、そこは毎回本当に『あぁみんながいてくれるなぁ』って思うんですけど、今日は特にピンク大量っていう、さゆみ確かに1人じゃないな、こんだけピンクがいるから、みんながいてくれるって本当にこう心強いなって、思ってそんな安心感の中でソロ曲を歌うことができたと思います。
皆さんからもらった愛は一生忘れません。
本日はどうもありがとうございました。
道重さゆみでしたー

ダブルアンコールMC

もーーちょーー楽しかったよーー!
すごい楽し過ぎたな。
いやー、あのー、さゆみ、自分のね、地元山口県でのコンサートが大好きなんですよ。
まぁ、こう地元が大好き、大切にしてるっていうのもあるんですけど、1番の理由は、自分が主役になれるからです。
自分がモーニング娘。の中で1番目立てる日だから。
やっぱり、モーニング娘になったからには1番になりたかったし、センターになりたかった。
歌とかダンスが1番になってみたかったし、ビジュアルでも1番が良かったし、人気者にもなりたかったし、何でもいいから、トーク力とか、キャラクターとか、何でもいいから、とにかく、1番になりたかったんです。
でも、私には、それが無理でした。
常に、誰かが、上が、上が、誰か、誰か上がいて、どの時代も、私より上がいました。
でも、地元コンサートの日だけは、1番になれました。
皆さんが私を1番にしてくれました。
どうもありがとうございます。

ほんとにね、あのー、私は、同期と比べてどうだとか、歌が下手だとか、なんでさゆみだけ歌下手に生まれたんだろうとか、、、
ほんとはすぐ周りの事僻んでばっかりいたんですけど、今なら思えるんですよ、私のこと好きって言ってくれる人が、私を1番で言ってくれることが、1番幸せだなって思います。
本当にどうもありがとうございます。

うん、日にちはほんとに、ミチシゲカメラのときにも残り卒業まで24日っていったように、こう、なんて言うんですか、もう卒業までほんとに刻一刻、刻一刻と時間が迫ってきているわけじゃないですか。
もう本当に、時間というのがあっという間すぎて。
だってさほら、こう、、『だってさほら』って言ったのがもう既に過去になってるわけじゃないですか。
『だってさほら過去になってるわけじゃないですか』っていうのはもう過去なわけじゃないですか。
『だってさほら過去になってるわけじゃないですかっていうのはみんなの過去になってるじゃないですか』っていうのはもう過去なわけじゃないですか。
なんか、こう一言一言発するために、伝えたいことがあるのに、それを伝えると過去になっちゃうのがすごいさみしくて、今も一緒にいるのに、その今って言ったらそれが過去n、わかるこの気持ち?
すごいそれが切なくて、さっきも言ったけど、こんなにも時間が止まればいいのにって思った瞬間がない位今日は幸せでした。
そして、まあ横浜アリーナまで24日と言うことで、まあ私の卒業っていうのはもちろんなんですけど、やっぱりこう4年ぶりの横浜アリーナなので、大っきいステージに立つって言うだけでも、すごくす既に緊張してるんですよ。
でも今日皆さんからの愛をいただいてみんながついてるから、怖くないって思いました。
本当に、本当に今日はどうもありがとうございました道重さゆみでしたーー