読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

demodorinomemo

道重さゆみさんとHello! Projectと美味しいご飯と物欲についてお話しします

2016/07/19 こぶしファクトリー Special Live 2016 Summer in OTODAMA SEA STUDIO in 音霊 OTODAMA SEA STUDIO


f:id:dmdr0713:20160725000423j:plain

01.サンバ!こぶしジャネイロ

「走れDASH*3」と腕振りと「高くJUMP*3」の2回ジャンプが楽しい。
振りがわかりやすいから踊りやすい曲。
「時差12時間のリオリオ」で「梨央!梨央!」コールは定着した気がする

02.チョット愚直に!猪突猛進

サイドに居たので猪ポーズの時の後ろ足が綺麗に見えた。
足の筋肉見えて美しかった。

03.ピリリと行こう!(Berryz工房)

振りコピ楽しい曲。
正面向きで並んでる時間が長いのでサイド側は割と寂しい時間が多かった記憶

04.夏(メロン記念日)

イントロ流れた瞬間なんの曲かわからなかったけど、うわーマジかという衝撃と共に思い出した。
メロンで聴いてないので初めて生で見た。
本家と比べると声がまだ軽いとかあると思うけど楽しかった。
この曲に限らず、単発ライブでコンセプトに沿って普段やらない初披露曲をもって来てくれるのが嬉しい。

05.すっちゃかめっちゃか~(Berryz工房)

2ndツアー以降定番になったし、ベリ局の中でも楽しいのでこれからも続けて欲しい。
落ちサビまでの持って行き方と落ちサビの盛り上がりの最高潮感が綺麗で楽しい

06.オラはにんきもの

スカなんで跳びましょう

07.HAPPY!Stand Up(Berryz工房)(水鉄砲)

音霊といえば水鉄砲。
踊りながら歌いながらで水鉄砲だと1曲中ずっと水撒いてるわけじゃないのでもっと時間取って、やって欲しかった

08.マジ グッドチャンス サマー(Berryz工房)

「夏」曲間奏のセリフはれいれいでした。音霊の週のGNOでもメンバーが発言してましたがMGCSの菅谷さんパートは井上さん

09.TEKI

ツアーが終わって聴く機会が亡くなってしまったので楽しかった。

10.ドスコイ! ケンキョにダイタン~11.ラーメン大好き小泉さんの唄~12.押忍!こぶし魂

このシングル曲の流れはツアーを踏襲した形。
セトリ自体が2ndのCherring Partyベースに、ピリリ→夏→すっちゃか、ハピスタ→MGCS、本気ボン→ライバル→運命→かっちょの3箇所を組込んだので他はわりと何も考えずそのままって感じじゃないかなと思います。
上のピークを意識的に配置した結果なので落ち着いた時間でした。
ラーメンは色々なことがあって衝撃がありましたけど。

13.本気ボンバー(Berryz工房)

ハロコンでこぶし&つばきで披露したので予想通りといえば予想通り。
曲自体は何回も聴いたけどこぶしメンバーの声で聴くとまた別の高まりあった。
野村ちゃんの声との相性が最高だった。

14.ライバル(Berryz工房)

ツアー後半からどんどん安定してきた野村ちゃんの裏声パートが音霊でもしっかり歌えていたのでものにしたんだなと思います。

15.This is 運命(メロン記念日)

2ndツアーで無かったけど横丁(及び横丁動画)以来話題の運命。
音霊でも跳躍行為が盛んでした。誰がやっても楽しいけどこぶしがやるともっと楽しいよねと思いました。

16.かっちょ良い歌(モベキマス)

最近披露してなかったような、一丁目とかすっちゃかとか運命の存在で盛り上げ曲枠から落選しがちのかっちょ良い歌もセトリに入ってくるということで音霊はとにかく激しい感じにしようという意図が伝わってきました。
「街中みんな~」のパートが野村ちゃんなので自分は独り「街中みなみな~」というピンチケコールをしています。
流行りませんね

18.バッチ来い青春!

間奏の藤井ちゃんのバッティングポーズの時に「かっとばせー梨央ちゃん」というコールがありました。
Twitterなんかで見かけてはいたけど横丁とかハロコンだと聞こえなかった(やってる人の数と箱のサイズの問題)けど当日は声が響いていた。
あとはたぐっちと藤井ちゃんの「あるね色々」とか「Try~」の部分もコールでかぶせてました。
ソロパートなんで静かにするべきかコールすべきなのかって難しいなと思います。
研修生発表会の初披露から一月半ぐらい経ってなんとなく馴染んできたような気がします

MC

音霊というのは野外(厳密に言うと違うけど)で、ツアーでも無くてというライブなので各々想いを持って今日を迎えたという話が大体だった。
浜ちゃんと野村ちゃんはてるてる坊主だったり色々願掛けもしたという話で、当日の野村ちゃんのブログにもそのことが書いてあった。
ameblo.jp

今回、由比ガ浜海岸にて、初の音霊単独ライブを行わせて頂けるということで、すごく楽しみにしていました!!

ですが前々から、「暑くて倒れちゃうかもしれない」とか、「日差しに体力奪われちゃうからちゃんと水分補給するんだよ」とか、たくさん聞いていたので、やりきれるかな?どうなるのかな?って心配する部分もたくさんありました。

でも、音霊(初の単独野外ライブ)は絶対に8人でやり切りたくて、
誰1人とかけたくなくて、、

でも、そんなこと言って自分が倒れたらしょうがない。

と思い、自分ができる事だけはやっておこうって、いつもやらない腹筋やってみたり、ペットボトルをつかって肺活量を鍛えたり、ハロー!プロジェクトのコンサート裏で、先輩方の曲に合わせて、一緒にぶっ通しで歌って体力をつけたり。。

たくさん準備しました!!!

今日も本番前、倒れないように栄養ドリンクと、お水と、ご飯をたくさん食べて本番に挑んだんですよ!!

普段あんまりみんなで一緒に頑張ろうという事を表に出さないタイプだと思うけど今回は本人達の中での音霊の存在が大きかったんだなと思いました。
メンバーのこういう想いをもっと汲み取れるようになりたいです。

感想

衣装が良かった。
1着目はショーパンと上はピンポイントでがっちり隠してたから上に着てる衣装が緩いのが本当に良かった。安全だからこそ上の緩い衣装から肌が見えたり肩はだけるの最高なので今後もそういう組み合わせやって欲しい。

あと最初のMCになる頃にはメンバーも汗だく、ショーパンから出た健康的な足、まとわりつく汗、照明で光る脚、最高の画だった。暑い現場のメリットが最大限生かされててた

セトリはツアーをベースに夏っぽい曲足しておとなしい曲はほとんど排除という傾いた中身。単発現場だから変にバランス取らないでコンセプト守った構成なのは本当に感謝

ステージが飛び出した形でメンバーの立ち位置より後ろのサイドも客席だったけどメンバーは本当によくサイドに来てくれたのも良かった。一列並びのときは端の子が体の向き変えてくれたり、煽りもわざわざサイドまで来てくれたり対応力が素晴らしかった

登場して直ぐにサイドに目を配らせていたのが野村さんだったのでなんていうかやっぱ野村ちゃんだなみたいな高まり。

広瀬さんがステージの端まで来て柱掴みながら乗り出して煽っていて、流石場慣れしてるし気が利く子だなと感心していたら、それを見つけた瞬間に移動してきて同じように身を乗り出して煽り始めた浜浦さん、負けず嫌い過ぎだし吸収力凄いなと重ねて感心した

煽りとか基本の隊形とか立ち位置崩してサイドに気を遣ってくれるの去年じゃできなかっただろうし、ツアーとかいろんな経験があったからこそだと思うので去年じゃなくて2年目の今のタイミングで音霊あって良かった。
細かいそういう煽りとかサイドにも来たりするのが音霊が最高だった一因なんじゃないかと思った。あれだけ広くても一体感凄かったのはセトリだけじゃなくて本人達の実力なんじゃないかと思う。
良いライブだった

セットリスト

01.サンバ!こぶしジャネイロ
02.チョット愚直に!猪突猛進
MC
03.ピリリと行こう!(Berryz工房)
04.夏(メロン記念日)
05.すっちゃかめっちゃか~(Berryz工房)
MCトーク
06.オラはにんきもの
07.HAPPY!Stand Up(Berryz工房)(水鉄砲)
08.マジ グッドチャンス サマー(Berryz工房)
MC
09.TEKI
10.ドスコイ! ケンキョにダイタン
11.ラーメン大好き小泉さんの唄
12.押忍!こぶし魂
13.本気ボンバー(Berryz工房)
14.ライバル(Berryz工房)
15.This is 運命(メロン記念日)
16.かっちょ良い歌(モベキマス)
17.桜ナイトフィーバー
encore
18.バッチ来い青春!
MC
19.念には念(念入りVer.)